SOSプロジェクト活動報告

サウンドトラック発売をお願いする涼宮ハルヒファンのプロジェクトの活動報告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」各話劇伴レビュー、2回目のレビュー書かせていただきます。

  • 第8話「笹の葉ラプソディ」について
  • 本エピソード「笹の葉ラプソディ」は、改めて時系列順で放送された2009年版における最初の新作エピソードであった。


    放送当時、新エピソードが放送されるという情報は公式側からはなかったが、2006年の第1期放送版とは違い時系列順での放送であったこともあって、ファンの間では「第1期でアニメ化されなかったエピソードがアニメ化されるのでは?」ということで、最速放送局が映るホテルまで遠征して視聴を試みる酔狂熱心なファンもいた。そう、この頃はまだみな幸せだったのだ……。

    その後2010年の2月に劇場版「涼宮ハルヒの消失」が公開されることになるのだが、本エピソードはその「消失」に繋がる重要なエピソードとなっている。また、「憂鬱」で示されたいくつかの伏線を回収する回でもあり、短編ながら非常に重要な役割を担うエピソードとなっている。


    なお、本エピソードはサブタイトルからもわかるように七夕を題材にしたエピソードではあるため「七夕ラプソディ」と間違えられることも多いが、いい子のみんなはそのタイトルで検索しちゃダメだぞ☆


  • 「今日は何の日か知ってる?」
  • 08-001.jpg


    そんなハルヒの台詞から始まる本エピソードの日付は全国一斉七夕デー


    宗教的文化的背景なぞ何のその、それが公的に騒いでいいイベントなら興味がなくても参加するハルヒが「神様にお願いできる」という美味しいイベントを逃すはずもなくSOS団員は七夕イベントに盛大に参加することとなる。


    この冒頭のシーンで使用されている劇伴は「冬の足音」という曲だ。この曲は第1期の劇伴であり、2009年版では第28話にあたる「サムデイ イン ザ レイン」で初めて使用された。TVシリーズ全28話のうち、この2話でのみ使用されている。

    さて、本エピソードが七夕、つまり7月7日のエピソードであることは既に述べた。7月7日というのは四立で言っても夏であるし、気象庁に訊いても夏であるだろう。二至二分で言えば夏至は一応過ぎてはいるがそれでも一万歩譲って次は秋だ。にもかかわらず、このシーンで使用されている劇伴は「冬の足音」なのである。これは何故だろうか?


  • 劇伴のタイトルについて
  • 一般的な話をすると、劇伴いわゆるBGMやサウンドトラックというものはサントラが商品化されるまでは基本的に曲名はつけられていないものだ。


    では、どうやって曲を区別しているかと言うと「Mナンバー」(「M」はミュージックのこと。マイナンバーではない)というものが振られており、その番号で区別されることが多い(実際にはそれに加えて特徴的な曲には通称が存在する場合もある)

    特に昔のサントラなんかで曲名の後ろに「M-01」とか「M-03」といったような表記があるのを目にしたことがある人は多いかもしれない。メロディーなどのモチーフを元にアレンジを加えたものについては、さらにその後にアルファベットなどを付けて区別することもある。


    TVアニメの劇伴というのは事前に使用シーンがはっきりと決まっていないことも多い。そのため、最後にタイトルをつけるほうが実際の使用シーンにあったタイトルを付けられるという側面もあったりする。

    とはいえ、ある程度汎用的な劇伴を用意し、それを使いまわすのが一般的なTVアニメ劇伴では実際の使用シーンが複数ある場合サントラに収録された曲名が全てのシーンとはマッチしていなくても不思議ではない。


    しかし、ここで重要なのは本エピソードが2009年に新たに作られた新規エピソードであり、第1期の劇伴である「冬の足音」もそれより前に曲名が付けられた状態で世に出ているということだ。


  • 第1期の劇伴が使われた理由
  • 勿論、第1期の劇伴を後続シリーズで使うということ自体は珍しくないことだ。実際、この後のシーンも「いつもの風景」「好調好調」と第1期の劇伴が続く。


    08-003.jpg
    ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団


    2009年版の新作エピソードでは一部第1期の劇伴がこのように使用されているものの新劇伴が大量に書き下ろされており、しかも半分以上が実質ほぼ同じ話という状況にも関わらず1回限りの使用にとどまるものが多い。


    haruhigekibancount.jpg
    ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団


    これほど大量に新規劇伴が書き下ろされており、かつ1回のみの使用曲も多くある中であえて第1期の劇伴が使われる理由は何か。


    一つは第1期のエピソードに紛れるかたちで本エピソードが入ることに合わせての「繋ぎ」の役割だろう。

    「いつもの風景」「好調好調」は第1期でも多く使用された劇伴であり、曲自体は覚えていなくとも視聴者にとって耳馴染みのある曲だ。そういう曲が流れることで、新作エピソードと既存のエピソードとの間の「3年間」の隔たりを緩和してくれる。


    だが、「冬の足音」は何なのか?


    なぜわざわざ第1期で1回しか使われていないこの劇伴をここで使ったのか?


  • 「冬の足音」の正体

  • 第1期の曲で他に合いそうな曲がなかった、音響監督の鶴岡陽太さんがこの曲を好きで使いどころを探していた、せっかくトランペット入れたのに第1期では抜かれて使われたから供養の意味で……ありそう。凄くありそう。


    だが、ここで「サムデイ イン ザ レインで使われた」ということを思い返してみよう。(既に大多数の方はは十数行前からお気づきだろう。ここまで気づかないフリをしてくれてありがとう)


    現在TVシリーズ最終話である「サムデイ イン ザ レイン」はアニメで書き下ろされた「何も起こらない」回であるが、その後の「消失」直前のエピソードということもあり、「消失」に繋がる要素が多く散りばめられている。この作品における「冬の足音」は単純な季節としての冬の到来という意味だけでけでなく「消失の足音」と言い換えることも出来るだろう。

    そして何を隠そうTPDDを隠そう「笹の葉ラプソディ」「消失」に繋がる重要なエピソードだ。 繋がるどころか、この物語の裏でまさに「消失」の物語が足音を忍ばせながら進行している。

    何を隠そう居場所を隠そう「サムデイ イン ザ レイン」における「足音」が何かが訪れる予兆としての足音だとすれば、何を隠そう身元を隠そう「笹の葉ラプソディ」の「足音」は舞台裏で聞こえている足音だと言えるだろう。(あ、夜間に汗だくの男子高校生が物陰から女子中学生へ声掛けをする事案が!

    この2つのエピソードがまだ見ぬ「消失」へと繋がることを暗に示す劇伴として、「冬の足音」が裏のモチーフとして使われているのだ。


    08-002.jpg
    ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    「あんたってやつは、今日がどんな大切な日なのかわかってないのね」


  • おわりに

  • わかってる。わかってるから。


    前回アバンだけで長々と書いたにもかかわらず今回はアバン1曲目のしかもタイトルについてしか語ってないのにこの分量。

    いや、僕だって16年という月日に思いを馳せるハルヒのシーンで流れる物憂げな「短冊の向こうに」について語りたいですよ。「消失」でのエリック・サティを意識しているような印象派テイストのこの楽曲は「消失」との繋がりを示唆してるんじゃないかとか(語った


    少し言い訳をすると、僕は劇伴曲もタイトルが重要だと思っている。むしろ曲の一部でもあり作品のシナリオの一部でもある劇伴曲のタイトルこそ重要だと思っている。映画などでキャッチコピーを考える人が専門でいるように、劇伴曲のタイトルを付ける人が専門でいてもいいくらいに思っている。(Mナンバー自体は制作意図考察に使えるので知りたいけれども)

    前回「名曲はイントロから名曲」というような話もしたけれど、「サントラの名盤は収録曲名見ただけでも名盤」みたいに言われるくらいになればいいと思いながらこの文章の締めとしたい。

    以上!



■著者紹介

子記(@3KmusicS)と申します。自分が深夜アニメを観たり、その音楽を聴くようになったきっかけである「ハルヒ」の劇伴を是非とも形にしたいと思い、こんなことをやっております。同時に「ハルヒ」という作品やその音楽についても語り継がれていけるように貢献出来たらと思っています。

■ハルヒシリーズで好きな劇伴曲

「ハルヒの想い」
「ある雨の日」
「短冊の向こうに」
笹の葉とサムデイしかない……!

当プロジェクトは「ハルヒ」アニメ放送10周年を記念して「ハルヒサントラ発売に向けて盛り上げていこう!」ということで、「ハルヒ」シリーズの各話劇伴レビューを行っていきます!

この企画では、「ハルヒ」アニメの話数ごとの劇伴(BGM、サウンドトラック)について、いろいろな方々にレビューを書いていただく予定です。今これを読んでいただいているあなたも、ご興味あれば是非ご参加ください!(参加はこの記事へコメントか、@SOS10thまで!)

当企画では同じ話数について、いろんな方々のレビューが見れるのも面白いと考えていますので、既にレビューのある話数にも積極的にご参加いただけると嬉しいです。また、「各話」と銘打ってますが、「憂鬱」や「溜息」「エンドレスエイト」といったエピソード単位で語りたい、作品全体やキャラのテーマ曲、楽曲単位で語りたい、とにかく何でもいいからハルヒの劇伴について語りたいというのもうぇるかむUNKNOWNです。


以下、話数ごとのレビュー一覧です。

  1. 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ
  2. 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ
  3. 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ
  4. 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ
  5. 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ
  6. 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ
  7. 涼宮ハルヒの退屈
  8. 笹の葉ラプソディ
  9. ミステリックサイン
  10. 孤島症候群(前編)
  11. 孤島症候群(後編)
  12. エンドレスエイトⅠ
  13. エンドレスエイトⅡ
  14. エンドレスエイトⅢ
  15. エンドレスエイトⅣ
  16. エンドレスエイトⅤ
  17. エンドレスエイトⅥ
  18. エンドレスエイトⅦ
  19. エンドレスエイトⅧ
  20. 涼宮ハルヒの溜息Ⅰ
  21. 涼宮ハルヒの溜息Ⅱ
  22. 涼宮ハルヒの溜息Ⅲ
  23. 涼宮ハルヒの溜息Ⅳ
  24. 涼宮ハルヒの溜息Ⅴ
  25. 朝比奈ミクルの冒険 Episode:00
  26. ライブアライブ
  27. 射手座の日
  28. サムデイ イン ザ レイン
はじめに

どうも、2 話のレビューを担当させていただく cppz です。縁あってこの企画に参加させていただいておりますが、いやはやなんとも、光栄なことでございます。

さてさて、この劇伴レビューの趣旨はといいますと、涼宮ハルヒの憂鬱のサントラ CD の発売を熱望するファンが沢山いるという事実を色んな人に知ってもらい、はたまた、劇伴レビューを書くことによってハルヒの劇伴(もちろん作品自体も)に対する熱い思いをカタチにして、ついでに、あなたも劇伴レビュー書きませんか? ということなんです!

前置きはこれぐらいにして……今話のレビューにあたって、劇伴が効果的に使われていると思ったシーンを 3 つ選びました。それぞれに、簡単なシーンの説明と、シーンと紐付けた劇伴の解説(というより単なる感想ですが)を添えていきます。
前話のレビューを拝見して、その力の入りようにアワアワしているところではありますが、怖気付くことなく、容赦なく、文字数少なめでいきたいと思います(汗)。


  • シーン 1 : キョンの登校と回想
  • 02-002.jpg
    ©2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    劇伴タイトル : やれやれおいおい
    時間 : 00:00〜(アバンタイトル)

    キョンが "強制早朝ハイキングコース" を通って学校へ向かいながら、入学して 1 ヶ月間の、ハルヒの傍若無人っぷりを回想するシーンです。

    どこかハヤシベモトノリ(サンプリングを多用することで知られるアーティスト)を思い出させる、打楽器やピチカートによる軽快で賑やかな劇伴が、キョンの気だるさに対する、回想のなかでのハルヒのパワフルさを、より一層引き立たせていると思います。


  • シーン 2 : 涼宮ハルヒの脅迫
  • 02-120.jpg
    ©2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    劇伴タイトル : コミカルハッスル
    時間 : 05:27〜(A パート)

    ハルヒがみくるを犠牲にして、コンピュータ研究会の部員を脅す……シーンです。

    スカとパンクロックを合わせた勢いのある劇伴が、集団チョメチョメの既成事実をでっちあげるハルヒの横暴さをギャグとして強調しています……このシーン、劇伴が付いてなかったり、逆に、悲しい劇伴が付いていたりしたらシャレになりませんね……(笑)。

    ところで、"やれやれおいおい" のメロディはシロフォン(木琴)、"コミカルハッスル" のメロディはブラス(金管)で演奏されていますが、もしかすると、ハルヒの性格や行動を表現するために、記号的にシロフォンやブラスが使われているのかも……他の劇伴も確かめなくては。


  • シーン 3 : 長門の告白
  • 02-210.jpg
    ©2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    劇伴タイトル : 長門の告白
    時間 : 20:46〜(B パート)

    長門がキョンを自宅に招き、ハルヒと自分の正体(何者であるか)を説明するシーンです。

    ノイズを使った無機質なテクノに、浮遊感のあるシンセサイザーとエコーのかかったピアノを合わせた劇伴は、簡素でありながら空間の広がりや壮大さを感じさせます。簡素な語り口と、人間には及びもつかない話の様でもあるこの曲は、まさに "長門の告白" ですね。

    ヒューマノイドインターフェースである長門を表現する劇伴は、テクノやエレクトロニカといった曲調になっています。また、端々にピアノの音が使われていたりしますが、これも楽器の記号的な使い方なのかもしれません。


  • おわりに
  • 以上、3 つのシーンをレビューしてみましたが、いかがだったでしょうか?

    劇伴の曲調や楽器の使われ方に注意してアニメを観てみると、新たな発見があるかもしれませんよ。みなさんも是非、試してみてくださいね。

    そうそう、完全に余談ですが、1 話で使われた "いつもの風景" という劇伴、これは嬰ヘ長調(ファのシャープから始まる長音階)の曲なんですが、嬰ヘ長調というのは全ての調のなかで最も煌びやか、かつ現実離れした雰囲気を持つ調とされているんですね。そういう視点から見ても、高校生活の平穏でありつつもハツラツとした雰囲気を上手く切り取った曲だと思います。神前さん、しゅごい……。



    ■著者紹介

    @cppz / シピピズと申します。
    深夜アニメを観たり、深夜アニメを観たりしております。朝 7 時とか夕方 6 時とかのアニメは観ておりません。申し訳ない。
    音楽が好き。神前暁のファン。
    ハルヒは自分の中での最高のアニメ作品のひとつです。

    ■ハルヒシリーズで好きな劇伴曲

    ・いつもの風景
    ・長門の3年間
    ・短冊の向こうに

    どうも皆さま、本企画の立ち上げ・進行を行っている子記@3KmusicS)と申します。

    「ハルヒサントラ発売に向けて盛り上げていこう!」ということで、いろいろな方々に、話数ごとのレビューを書いていただこうと思っています。「自分も書きたい!」とご参加いただける方は是非ともお声がけいただけますと有難いです。


    言い出しっぺということもあり、僭越ながらもTVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の記念すべき第1話のレビューを書かせていただきます。

    • 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ」について
    • 2006年放送当時、「ハルヒ」のアニメは時系列が入れ替えられて放送されたため、厳密にはこの「憂鬱Ⅰ」が第1話というわけではない。この話数は時系列通り放送された2009年版では第1話として放送されたが、2006年版では第2話として放送された。

      だが、2006年版放送第1話である「朝比奈ミクルの冒険 Episode:00」がほぼまるまる劇中映画の上映という特殊な回であったこともあり、実質的には放送第2話であったこの話数で初めて流れる劇伴(「げきばん」と読む。BGM、サウンドトラックとも呼ばれる)が多い。

      そのため、劇伴使用シーンと曲のタイトルが比較的一致しているものが多く、曲名だけでも第1話の内容を振り返ることが出来る話数となっている。リスト参照


      それでは、その第1話についてご紹介しよう(レビューじゃないのか!?


    • 過ぎ去りし「いつもの風景」
    • 01-001.jpg
      ©2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団


      「サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことは――」


      という、主人公キョン(CV:杉田智和)による語りで始まるこのシーンはこの作品を観た人なら誰の記憶にでも残っている印象的なシーンだろう。僕自身、誰でも一度は考えたことはあるようなこのキャッチーな話題で始まる冒頭の語りに一気に引き込まれた。


      この冒頭で使用されている劇伴は「ハルヒ」という作品のメインテーマと呼んでもいい「いつもの風景」という曲だ。2010年に公開された映画「涼宮ハルヒの消失」でもTVシリーズから唯一この曲のアレンジが使用されている。「ハルヒ」のアニメを観たことがある方なら、少なくともこの曲は印象に残っているだろう。残ってない人は残るまで居残りです。


      この曲は作曲者の神前 暁(「こうさき さとる」と読む。本名である)氏が四分音符主体のメロディを有するこの曲について「A&M+モータウン+The Beatlesのテイスト」と述べている(DVD『涼宮ハルヒの憂鬱5.142857(第2巻)』限定版特典映像にて)ように、60~70年代の洋楽ポップスのテイストが強い。

      具体的にはカーペンターズ(というよりバート・バカラック)の「Close to you」(遥かなる影)やThe Beatlesの「Penny Lane」、スプリームズあたりの影響が濃いのではないかと思われる。また、これは90年代になるがジェリーフィッシュ「Sebrina, Paste, and Plato」といった曲もサウンドやメロディに影響しているように思われる。

      チェンバロ(ハープシコード)や神前(「こうさき」と読む。間違いなく本名である)氏お得意のブラスが明るくもどこか物憂げな印象を与えてくれる。(なお、こうした系統の楽曲は「ハルヒ」の劇伴に多く登場する)


      そして、この曲のコード進行はみんな大好きカノン進行である。

      カノン進行はかの有名な「パッヘルベルのカノン」で用いられているコード進行で、明るくも切ない響きを持つこの進行は数多くのヒット曲で使用されており、一部の世間では「カノン信仰」とまで呼ばれている(どこの世間だ、それは)。あなたの好きな曲の中にも絶対一つはあるはずだ。ない人は環境音でも聴いててください。

      そのように、サウンドのテイストやコード進行の面からもこの曲は聞く者にある種の安心感と郷愁を感じさせてくれる。


      作品のメインターゲット層としては(当時の)中高生ということにはなるのだろうが、それより上の「卒業した」世代にとっても「誰もが子供の頃に憧れた世界」への思いを俯瞰だ視点で語るキョンのモノローグのバックにこんなノスタルジックな曲を流されたらハートをブチコロ……じゃなくてイチコロだ。中高生を過ぎてからこの作品にハマってしまうと新生活メランコリオンな気分になってしまうので注意すべきだ。ソースは僕。


      このわずか1分半の間に視聴者はこの世界に引き込まれ、感情を移入する。子供から少しだけ大人になった高校の頃の自分自身へと心の時計が巻き戻っていく。



      そして、我々は涼宮ハルヒと出会う。


    • 色褪せた日常の終わりと物語の始まり
    • 01-002.jpg
      ©2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団


      「東中出身、涼宮ハルヒ」


      「ただの人間には興味ありません」


      「この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」



      ここで僕らはこう思うだろう。


      「この子可愛いな……」


      と。


      このシーン(正確には上記の台詞の直後)で流れる曲は「激烈で華麗なる日々」という曲だ。なお、「ハルヒ」の劇伴曲命名は全て音楽プロデューサーのランティス斎藤 滋(さいとう しげる)氏によるものだ。斎藤氏による曲名は作品の世界観を踏襲しつつ遊び心もあり秀逸なものが多い。


      この曲は曲中でひたすら繰り返される4小節のピアノベースのリフが非常に印象的だ。おそらく神前(「こうさき」と読む。疑いなく本名)氏自身の歌声による「パッパッパッ」という歌メロも合わせ、強拍の強調とシンコペーションが目まぐるしく 繰り返されるこの曲は激しく慌ただしい日々が訪れる予感を与えてくれる。

      ちなみに、「シンコペーション」というのは音楽用語で、本来想定される拍よりも前に拍が置かれることだ。例えば、SOS団が待ち合わせをするとキョンはほぼいつもハルヒより後に来て罰金を払うことになるだろう? そういうことだ(何が「そういうこと」なんだ


      この何かが変わりそうな曲が終わった直後、「冒険でしょでしょ?」(編曲:藤田淳平 作曲:冨田暁子 作詞:畑 亜貴)イントロのウィンドチャイムと鐘の音が鳴り響き、かつての自分が遠くの星に願った物語のオープニングを告げるのである。

      01-003.jpg
      ©2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    • おわりに
    • きっとあなたはこう思うだろう。


      「冒頭2分半分しか語ってないぞこいつ……!」


      と。


      ちょっと待ってほしい、いや、自分でも書いてて「やばいな」とは思ったのだが、このペースで書いてると超長文になりそうなので今回はひとまずこれでお開きにさせていただきたい。お腹が鳴くから帰ろう。

      「名曲はイントロの時点で名曲」なんて言われることもあるが、「ハルヒ」はこのアバンの時点でもう既に僕には抗いようのない魅力が詰まっていたのだ。そう、出来れば僕も「サビ」についても語りたい。なぜなら僕は髪を切った後のハルヒのほうが好きだから! だが、この「イントロ」あってこその「サビ」なのだ……ありがとう。


      とりあえず、この記事を読んだ人が「ハルヒ」の劇伴と神前(←はい、なんて読むでしょう!)氏の名前を心に刻んでくれたらこれすなわち幸いである。アスタルエゴ!



    ■著者紹介

    子記(@3KmusicS)と申します。自分が深夜アニメを観たり、その音楽を聴くようになったきっかけである「ハルヒ」の劇伴を是非とも形にしたいと思い、こんなことをやっております。同時に「ハルヒ」という作品やその音楽についても語り継がれていけるように貢献出来たらと思っています。

    ■ハルヒシリーズで好きな劇伴曲

    「ハルヒの想い」
    「ある雨の日」
    「短冊の向こうに」
    3曲選ぶとしたらメロディが切ないこの曲たち

    「このシーンの曲好きなんだけど、なんていう曲名がわからないから探せない……」

    「サントラ聴いててこの曲気になったんだけど、どのシーンで使われてたっけ?」


    アニメを観ていたり、サントラ(サウンドトラック)から入ったりしているとこんな悩み多いと思います。特に分割サントラや未収録曲がある場合、なかなかサントラ自体にも手を出しにくかったり。

    そんな悩みを解消すべく、話数ごとの使用劇伴一覧を作成しました!


    ハルヒアニメ各話使用劇伴リスト

    劇伴ごとの各話数使用回数表も作っていますので是非サントラ鑑賞のお供に……あっ、サントラは単独で出ていなかったんだった!

    というわけで、是非是非サントラ発売要望お願いします↓


    ハルヒサントラ発売の要望を出すにあたって

    ハルヒサントラ発売、実現させましょう!

    Before  | Copyright © SOSプロジェクト活動報告 All rights reserved. |  Next

     / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。