劇伴レビュー【第12話】SOS団の夏休みⅠ( @takkuru_ / たっくる)

サウンドトラック発売をお願いする涼宮ハルヒファンのプロジェクトの活動報告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はじめに

  • 初めまして。たっくると申します。 ただのいちファンとしてこのような企画に参加することについて、大変光栄であり嬉しく思う半面、私では役者不足だと思いながら、カタカタと言葉をひねり出しているところです。読みづらい文かと思いますが、ぜひお付き合いください。

    はじめに一言。

    サントラ発売決定おめでとうございます!!


    ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    本当におめでとうございます。
    ハルヒの劇伴が気になっていた方も多いとは思いますが、今までDVDの特典でしか手に入らなかったため、曲単体で聴く機会は少なかったと思います。そのような方々にもサントラ「涼宮ハルヒの完奏」を入手して、数々の名劇伴を心ゆくまで味わっていただきたいです。

    そんなこんなで、今回はエンドレスエイトⅠ(12話)に使われた劇伴の中から、特に好きな楽曲を4つピックアップして、その良さを出来る限り伝えていきたいと思います。

  • 『活動開始』【03:08~04:04】


  • ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    SOS団が駅前で待ち合わせるシーンに使われています。
    本編が始まってから1番最初に流れる劇伴で、ここからSOS団の夏休みの始まる!といった雰囲気にピッタリな元気な曲です。

    ドラム、ラテンパーカッション、オルガン、木琴、ギター、ピアノ、ブラスから構成されていて、特徴的なリズムが曲の骨格となっています。この曲は生録音された楽器が多いため、打ち込みが多かった1期の曲と比べると音の豊かさが全く違くて驚きます。 特典DVDのコメントにも書いてありますが、2期の曲は生演奏が入っている分、演奏面でも楽しめる曲が多くて素敵ですね。

    堂々と歌うブラスと可愛く鳴る木琴に何処と無くハルヒらしさを感じます。
    …とここまで書いたところで、第2話のシシピズさんのレビュー「記号的なサムシング」を思い出して、確かにキャラクターを象徴する楽器が存在するかもしれない、と1人興奮していました。
    ブラスセクションは「ハルヒの自己中な言動」、また木琴は「好奇心旺盛な子供らしさ(純粋さ)」や 「女の子の可愛さ」って感じでしょうか。 「おいおい」(1期)を聴くと、まさにそのように楽器が使われているように思えます。(シタールは変人・奇人かな)


    ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団
    ↑「おいおい」が使用されたシーン(1話部室にて胸を揉まれるみくる)

  • 『ミーティングタイム』【06:13~07:22】


  • ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    喫茶店でミーティングをしているシーンで流れます。
    僕の好きな劇伴TOP5に入選確実な1曲。 イントロ部分で平行移動するピアノとオクターブで動くベース、何度真似したかわかりません。

    神前さんはこの曲について「A&M+モータウン+ビートルズ」風のアレンジと仰っていて、(良い意味での)古臭さや懐かしさはこれが原因でしょう。
    メロディーにはフリューゲルホルンと呼ばれるトランペットよりも柔らかい音が出る金管楽器が使われていて、少しモコっとした音色がアレンジの方向性にピッタリですね。

    03_takkuru
    ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    ハルヒの劇伴ではこういったアレンジはお馴染みですが、他にも「らき☆すた」や「WORKING!!」「Aチャンネル」でも聴くことができます。
    特に「WORKING!!」の劇伴は神前さんの担当ではありませんが「幸福な閉店」や「北海道某所」など、この曲に影響を受けてるとしか思えない曲があったり。是非聴いてみてください。
  • 『天体観測』【17:27~18:55】


  • ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    題名通り、天体観測のシーンで流れています。怒涛の夏休みイベント消化体制の中では、唯一しんみりとした曲です。今までドタバタしてたので、一層心に染み入ります。
    神前さんはこの曲を即興で弾いたものをブラッシュアップして完成させたのだとか……。凄すぎます。

    この曲を聴くと、ただただ優しいピアノとグロッケンの音色で星空を思い浮かべてしまいます。拍の不安定さが星の儚い瞬きを表現してるようでもありますね。
    名曲です。

    蛇足ですがこの曲で使われている音源は「ivoryⅡ GrandPianos」の「 German Steinway D 9′ Concert Grand」です。(確証はないですが聴くと疑いようがない)
    エンドレスエイトではお馴染みのピアノ音源です。DTMされる方でピアノ音源に迷っている方がいたら是非オススメしたい本格派ピアノ音源!
  • 『過ぎゆく夏の日々』【19:49~21:17】

  • 花火大会、ハゼ釣り大会、肝試し、映画ハシゴ、海水浴、ボウリング、カラオケ。









    ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

    残り2週間となった夏休みで大量のイベントを消化していく日々。
    こんな高校生活を送りたかった。

    怒涛の夏休みイベント消化の回想で流れている劇伴がこの「過ぎゆく夏の日々」です。
    The Supremesの名曲”You Can't Hurry Love”に代表されるような心がウキウキするリズムにのせて、主張し過ぎないオルガンのメロと神前さんお得意のブラスアレンジ。 後半のグロッケンが画面との相性抜群で、本当にいい味を出しています。

    本編を知らないでこの曲を聴くと、単なる楽しい曲に過ぎませんが、視聴後だとここにSOS団の「過ぎゆく夏の日々」が詰まっているのがわかって泣けてしまいます。劇伴って面白いですね。

    そして、このあと何万回もループすることも知らずに…。

    ―この頃は皆幸せだったのだ―
  • おわりに

  • 以上でレビューを終わります。いかがだったでしょうか。
    今まで音楽を殆ど聴かなかった人がハルヒの劇伴音楽に惚れて作曲を始めることがある(=僕)くらい、ハルヒの劇伴は魅力的です。

    ぜひサントラを購入していただき、この数々の名劇伴を味わってみてください。
    ハルヒ的に言うとこうなります。

    ”買わないと死刑だから!”
    来ないと死刑だから
    ©2006,2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

■著者紹介

名前 たっくる(@takkuru_
自己紹介 

初めまして。たっくると申します。
神前さんの劇伴(主にハルヒ)に惚れて作曲を始めた大学生です。
ハルヒのサントラが遂に発売されるということで、最近すこぶる調子が良いです。

■ハルヒシリーズで好きな劇伴曲

白線マーチ(一番好きな劇伴曲)
おふざけマーチ
冬の足音
ミーティングタイム

結構気分によって変わりますが上記は特に!

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © SOSプロジェクト活動報告 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。